eHouse One (RS-422) ビルディング オートメーション システム (BAS)。


IoE、IoT システム
eHouse One Building Automation System (BAS) は、通信に RS-422 (RS-485 全二重) 産業用シリアル インターフェースを使用します。
eHouse One システムには、いくつかのコントローラーが含まれています。
  • HeatManager HVAC コントローラー (BoilerRoom を制御するために最適化)
  • CommManager (eHouse One サーバーとして機能)。 このコントローラーはドライブ、サーボを集中的に制御し、それらをプログラムに編成します
  • RoomManager (部屋全体を制御するために最適化)

eHouse One コントローラーには、システム拡張に割り当てることができる補助 (オプション) 通信インターフェースもあります。
  • SPI/I2C
  • UART
  • UART (BlueTooth 拡張用)
  • 赤外線 (RX/TX)
  • PWM (調光用)
  • UART (アクセス制御リーダー用)

主なeHouse Oneシステム コントローラーの機能(全体)
  • SMS 通知 + ゾーンとセキュリティ マスクを備えた組み込みのセキュリティ システム (CommManager による)
  • 測定と規制(例: 温度) + 調節プログラム
  • オーディオ/ビデオ システムの制御 via Infrared
  • コントロール ライト (オン/オフ、調光可能) + ライト シーン/プログラム
  • コントロールルーム(ホテル、アパートホテル、コンドホテル)
  • コントロール ドライブ、サーボ、カットオフ、日除けの日除け、ドア、ゲート、ゲートウェイ、ウィンドウ + ドライブ プログラム (CommManager による)

eHouse One は eHouse.PRO サーバーによってサポートされています
サーバー ソフトウェアの機能
  • 外部オーディオ/ビデオ システムの制御
  • コントロール メディア プレーヤー
  • eHouse バリアントの統合
  • 外部セキュリティ システムの制御
  • システム統合 - プロトコル BACNet IP、Modbus TCP、MQTT、LiveObjects
  • クラウド/プロキシサーバー通信
  • WWW経由で制御