eHouse.PRO DIY - 自動化システムの構築


IoE、IoT システム
eHouse.PRO/Hybrid Building Automation System (BAS) は、5 種類の通信インターフェースを備えたハイブリッド ソリューション (有線 + 無線) です。
主な通信インターフェース:
  • PRO DiY(セントラル)
  • コントローラ エリア ネットワーク (CAN)
  • Wi-Fi(無線LAN)
  • RF (サブGHz)
  • イーサネット (LAN)
  • RS-422 (全二重 RS-485)

eHouse.PRO DIY ハードウェア ソリューションは、大量の低コスト I/O バッファを使用します。 を含む:
  • コンピューターの 1 つの亜種: Raspberry Pi、Banana Pi/Pro、Orange Pi、Thinker Board
  • リレー付きセキュリティ出力付きの SPI 入力バッファ (128) (サイレント、ホーン、早期警告、監視、警告)
  • ポート拡張モジュール(RS-422、SPI、I2C)
  • リレードライブ付きの I2C/SPI 出力バッファ (128)
  • CAN/RFゲートウェイを使用する場合 eハウスCAN または eハウスRF

これにより、大量の I/O と接続を備えた集中化された低予算の DIY インストールを作成できるようになります。 非IP ハイブリッド(無線/有線)搭載。
このソリューションは、高速低電圧 SPI/I2C インターフェイスを使用しているため、配電盤に無効に設置した場合に EMI 妨害に敏感になる可能性があります。
EMI 問題を回避するには eハウスワン または eハウスLAN SPI/I2C 低コスト I/O モジュールの代わりに I/O 拡張モジュールとして使用する必要があります。

eHouse コントローラーには、システム拡張に割り当てることができる補助 (オプション) 通信インターフェースもあります。
  • SPI/I2C
  • ダリ調光
  • 赤外線 (RX/TX)
  • DMX 調光
  • RFIDカードリーダー(拡張)
  • PWM (調光用)
  • BlueTooth (拡張)
  • UART

主なeHouseシステム コントローラーの機能(全体)
  • コントロールルーム(ホテル、アパートホテル、コンドホテル)
  • コントロール ライト (オン/オフ、調光可能) + ライト シーン/プログラム
  • オーディオ/ビデオ システムの制御
  • 制御HVAC (換気、レキュペレーション、セントラルヒーティング、ヒートバッファ)
  • SMS 通知 + ゾーンとセキュリティ マスクを備えた組み込みのセキュリティ システム
  • コントロールドライブ、サーボ、カットオフ、日除けの日除け、ドア、ゲート、ゲートウェイ、ウィンドウ + ドライブプログラム
  • 測定と規制(例: 温度) + 調節プログラム
  • コントロールプール

サーバー ソフトウェアの機能
  • システム統合 - プロトコル BACNet IP、Modbus TCP、MQTT、LiveObjects
  • クラウド/プロキシサーバー通信
  • コントロール メディア プレーヤー
  • 外部オーディオ/ビデオ システムの制御
  • eHouse バリアントの統合
  • 外部セキュリティ システムの制御
  • WWW経由で制御